無料.ホームページ 2009年 クリスマス | ケンチキ

<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.16 Friday | - | - | -
<< 祝!ともる2歳 | main | 2010年あけおめ ゆのさん3歳5ヶ月 トモル2歳1ヶ月かなり過ぎてます >>
2009年 クリスマス
 
  

て、事で。
遅ればせながら、クリスマス記事でも。

さて。
まずはクリスマスプレゼント。
ゆのは、数ヶ月前から「リカチャンハウス」と「リカちゃん人形」がほしーのー!と呪文のようにいいつづけていましたのであっさり決まったのだけど。
しかも、いつも行ってるスーパーのポイントで無料交換できたしね。

残るはトモルっちょ。
この子は一体何が欲しいんだろう・・つか、なにに興味を示しているのだろう。
車?いやいや、なんだかそんなに興味なさそうだし。棒か?いやいや棒て!

と、悩みに悩んだ末、まあそのうち興味も出るだろうと、トミカのDXお出かけボックスに決定。

が、しかし、クリスマスを間近に控えた数週間前から、「リク君がほしーの」と言い出した。
リク君とは・・・コレだ。リカちゃん人形の妹の通う幼稚園のお友達の男の子。
関係が、遠い・・。

どうやら、カタログを見て気に入ったらしい。
何度聞いても、日を改めて「サンタさんに何お願いする?」と聞いても「とーちゃんリク君がほしーの」とのこと。
「車は?車のおうちみたいのいいじゃん。」と誘導しても、泣きそうな顔で「リク君がいーの!」と譲らない。そんなにですか。

で、結局トモルっちょのプレゼントはトミカのボックスと、リク君になりました。
当日は、旦那さんがサンタの格好をして玄関まで届けにきてくれました。サンタ姿も今年で最後かなーと、張り切ってましたよ。
来年はきっと見破られるだろうからね。

さて、クリスマスメニューですが。
こちらも張り切ったのです。旦那さんがな。

通常の食事メニューは私が担当。ちなみにつくったものは、3品だけー。
トマトとモッツァレラのカプレーゼ・アクアパッツァ・ナンちゃってケンタッキーチキン。ついでにイチゴでなんちゃってサンタとかも飾りでつけたよ。

メインはですね。旦那さん担当キャラご飯ー!
ゆのの大好きなプリキュアのシフォン&トモルっちょが大好きなスティッチですわ。

これを二人で2時間がかりで作りまして。
キャラご飯つくりは、子供らと旦那さんとで型抜きなんかをして楽しく作ってねー。なんて思ってましたが、あれですわ。

戦場でしたね。

こらー!つまみ食いするなー。あー!ダメだってそれ「目」だって!あーせっかくつくった・・あー!ダメだって食べたらー!キャー!全部なくなってるー!

と、こんな感じで、ハムは、食うわ。チーズは食うわ。にんじんも食うわで、顔のパーツがどんどんなくなる。
それはそれはもう、惨劇状態でした。
私は、キャラ系は全く作れない人なので、完全に旦那さんまかせでして。
キャーキャー言ってる旦那さんを微笑ましく眺めていました。

で、できたシフォンとスティッチはこちら。

  

初作品にしては、頑張ったんじゃなかろうか。

そして、ゆのともは、ものの20秒程で顔パーツを全部食べ、ただの白ご飯だけが皿の上に浮いてました。
・・・が、頑張ったね。旦那よ。


と、まあ家族みんなで楽しくクリスマスを過ごしました。


そして最近のゆのさん編。

3人でお風呂に入っておりまして。
ゆのの体を洗っている時。いつもはゆのを後ろ向きに立たせ、私もしゃがんで背中を洗ってあげたりしているんですが、その日はたまたまゆのがこちらを振り返り、さらには私も立っていた。

すると、丁度ゆのの目線に私の股間が直撃。
ゆのさん思わず「わあー!」と嬌声をあげ、キラキラした目で言うのです。

「ママー!ママのオマタ、黒くてフワフワしててすごいねー」と。

・・・・そ、そうですか?すごいですか?
いや、コレは照れるべ。超照れるべ。

大体にして、いつも一緒に入ってるんだから、黒くてフワフワしたものがあるのは気づいていたんだと思うのだ。
たーだー。こんなにも目の前で見るのは初めてだったんだろう。

彼女は明らかに感動していました。私のオマタに。


12月中旬の事。
いつも行ってるスーパーに行くと、その日はスーパー感謝デーで、激混み。
こりゃ二人を歩かせて買い物したら、あっちこっちにトモルが激走するだろうと考えて、トモルをカートに乗せ、ゆのには歩いてもらおうと、ゆのに話してみた。

するとゆのさん。「嫌だ。ゆのがカートに乗りたい」と言い出した。しかも車タイプの奴・・・。
そっかー・・と思いトモルにその旨を告げると、もちろんトモも「とーちゃんもあれ乗りたい」と言い出した。
あーあ。やっぱりね。ただ、こんな狭い通路のスーパーで車タイプのカートを二台押すのは絶対無理。しかも激混みだしな。

て、訳でゆのと、トモルをスーパーの入り口で説得すること20分。
宥めたり、褒めたり怒ったり、「もういい。じゃあ二人でここで待ってなよ!」と言ってみたり。
が、しかし目を真っ赤にして、絶対乗るんだと言ってきかないゆのさんと号泣するトモルっちょ。

あー!もうどうしよ。こんな状況久々だわー。軽くパニくるでーと思いつつ、もう一度トモルに相談。
「ねぇねが、どうしても下に乗って運転したいと言ってるんだ。だからトモは上に座ってママにつかまっててくれないかなー?」と言ってみた。

すると、ちょっと考えたトモルっちょ。そして「いーよ」と超軽く返事をして、カートから降りてくれた。
そして、運転席にゆの。上の持ち手の部分にトモルを乗せて無事買い物終了。

我を通して、運転席を陣取ったものの、ちょっとバツが悪そうにしていたゆのさんに、「さっきはごめんね。ゆのが乗りたいって言ったのに、我慢させるような事言ってごめんね。」と謝ると、みるみる泣き顔になって、目にいっぱい涙をためながら飛びついてきた。
そして、ぎゅっと抱きしめてあげると、グスッグスッと泣いていたけど、パッと顔を離して「もう大丈夫。ゆのは、泣かないよ。大丈夫。ママ好きだよ」と言ってくれました。

なんだかキュンとしてねー。
あの時、ゆのに「ここは我慢してよ。お姉ちゃんなんだから歩いてくれー」という思いで説得してたんだけども。ゆのにしてみりゃ、好きでお姉ちゃんになったわけでもないしさ。

ただでさえ、場の空気を読んで、いろいろ我慢したり、頑張っちゃう子なので、それに甘えて押し付けるのはよくないなーと思ったのです。

あの時、ゆのを優先してあげてよかったなーと思ったのです。
もちろん、トモルにもちゃんと、お礼をね。「ママ助かったよありがと」と言うと、ニコニコしていました。かわいい奴め。

そしてですね。
ちょっと話が戻るのだけども。

その、ゆのとトモルを説得している時に、カートに乗っていたトモルっちょに近づいてきた女の子がいまして。
ここいらでは全く見た事も会った事もない女の子。あれは多分4歳位だろうか。
その女の子が、トモルにしきりに話しかけて「かわいいねー。赤ちゃんかなー。かわいいねー」と言いながら、トモルの頭を撫でるのです。

私もゆのを説得途中だったので、横目で眺めつつあまり気にしていなかったのだけど。

そこへ、その女の子の母親らしき人がやってきまして、第一声が「なにやってるのー!」だったのです。多分その女の子の事を捜していたのかもしれないのだけどね。

そしたら、その女の子の顔が激変しまして、振り返ってお母さんを確認するやいなや、突然トモルを平手打ち!

え?なんで?突然平手打ち?てな感じで、私もトモルもキョトンとしてまして。

するとそのお母さんは「何やってんのよー!いい加減にしなさいー!何やってんのよー!」と絶叫しながら、怒りにまかせて瞬時にその女の子を平手打ち!

そして、私に頭を下げ謝り、なおもまたその女の子を罵倒しながら消え去りました。

な、なんだったんだろう・・・。
つかね、私がすごく気になったのは、その女の子の反応なのよ。
お母さんがいない時は、かわいいねーとニコニコしながらトモルの頭をなでていたのに、お母さんが現れ、「何やってんのよー!」と言われた瞬間のあのビビった顔と同時に出た平手打ち。

こりゃ、きっとかなりいつも怒られ続けているんじゃなかろうかと。

というのもですね。
ココ最近のトモルの反応が、まさに似た感じだったのです。

最近のトモルっちょは、どんどんいたづらが激しくなってまして、彼のとる行動が私の予想を遥かに超えてまして。ゆのの時にはこんな事しなかったなーという事が非常に多くて。

かーなーりー私もイライラ度がピークに達していた年末。

気がつけば、「あー!もー!なんなのー!」が口癖になるほど激怒する毎日だったのです。

そうすると、やめて欲しい事をあえてやる。注意された瞬間に、やり始めたいたづらを高速でやり遂げる。やり遂げてしまえ!といわんばかりに。

例えばですね。キッチンカウンターによじ登ってきて、用意しているおかずをぐちゃぐちゃにしてから、床に落とす。蛇口をひねって、水をマックスに出す。三角コーナーやスポンジ類を荒らす。

これを数十秒のうちに矢継ぎ早にやるわけです。こっちは、今まさに夕食の準備をしているさなかなわけですよ。

「ちょっとー!やめてってー!」と怒鳴れば怒鳴るほど、エスカレートする。突然ゆのを叩きに行ってみたりとかさ。

もう本当に手がつけられんわ。てな位だったのですよ。

が。しかし、その女の子の一件があってから、ちょっと改めようと思いましてね。
まじで。ダメダメがかなり多すぎたんじゃないかと。本当にやって欲しくない事から、別にいいじゃんてことまで、最近は全部、ダメー!ちょっとー!もー!が多すぎたんじゃないかと思いまして。

ダメーてのを、減らしてみた。
そして、ちょっとやめてー!が第一声だったのを、コレはこうだから、やめて欲しいんだという言い方に変えてみたのです。

そうすると、なんかやっぱりトモルっちょも落ち着くんですよ。行動が。
理由を話している時はちょっとニヤニヤしながら、参ったなーみたいな顔をしているけど、話終えると「うんうん。わかった」と言うようになったり。

そしてよく観察してみると、この子の行動は訳がわからん。と思っていた事が、こいつ結構考えてるなーとか、あーそうか。こういう事したかったのかーとかね。

そんな気づきも出てくるのですよ。

いやー。本当にね。子育てってのは、日々勉強だね。
てことで、2009年。締めます。ありがとうございましたー!
2009.12.27 Sunday | - | - | -
スポンサーサイト
2010.04.16 Friday | - | - | -