無料.ホームページ シルバーウイーク | ケンチキ

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.16 Friday | - | - | -
<< ハハ ガ ニュウイン! | main | ゆの3歳2ヶ月 トモル1歳10ヶ月をとっくに過ぎましてん >>
シルバーウイーク
 
  

1枚目 ある日の二人 といってもゆのだけが決めポーズ。
2枚目 ゆの用にと友からもらったミニーちゃんのヘアバンド。嬉しそうに被るトモル

いやー。
あっちゅうまに寒くなりましたのー。
我が家では躊躇なく、朝晩ストーブつけてますよ。
こらえ性がない家族です。

えー。シルバーウイークも、おお?ちゅうまに終わりました。
いかかがして過ごしていたかと言いますと。
家で引きこもり&病院通いの5日間でした。

と言うのも、トモルっちょが連休二日目午後より発熱しまして、たいしたことないなら、ホメオパシーでなんとかしましょ。なんて思っていたら。

そういや、この子。
1,2週間前から体に発疹が出来ていたのです。薬を塗っても良くなったりわるくなったりで。で、試しにネットで発疹検索してみたら、うっわー!これ、はしかの発疹じゃん?

てな画像を発見しまして、急に青ざめてきてホメ対応じゃダメだ!病院だ!と、大至急連れて行ったのです。

麻疹かもしれぬと、伝えると隔離室にて1時間半待ち。
混んでるなー。と思いつつ診察呼ばれて、待合室をふと見ると、そこはもうすし詰め状態!
患者が溢れ帰ってて、廊下にまで長蛇の列。

そして診察を受けると、発疹は乾燥性のもので麻疹じゃないと。そして、この発熱は手足口病だというのです。
麻疹じゃないと言う事で、一安心だったのだけど。
だけでも、えー?これどう見ても手足口病の症状でてないぜ?と素人の私が見たってわかる。
それでも、絶対そうだと言い切るもんで。
まー。お医者さんがいうならそうなのか?と思いつつ薬もらって帰宅。

がしかし、そこから4日間トモルは40度の熱がでずっぱり。
薬飲ませても、一向に効くこともなく。

そして、連休4日目の日、もうずーっと熱がさがらないので、また救急の当番病院に行こうと思って電話をかけてみると、今来てもらっても8時間待ちですと言われたの。

それ、午後2時頃の事よ。

8時間て!
いや、もうびびったよ。
3つの休日当番病院全てがそんな感じで、パンク状態だったらしいのです。
聞くと、昼休みも取らずにずっと診察を続けてるらしいのよ。
きっと、看護婦さんも、先生も飲まず食わずだったんじゃないかと。

こりゃ、夜間救急行っても、同じことだなーと思ってね。

連休最終日の5日目。朝一で行ってみようと思い、10時に到着。
受付けしたら、あれよ。既に4時間待ち・・・・。

しょうがないから、予約だけして一旦家に帰ってから2時に行ってみると、そっからまた2時間待ち。
10時受付の16時診察。という恐ろしい状態だったよ。

結果、この連休中の病院パンク状況は新聞にも載ったほどだったのです。

まー。結局トモルっちょは、最終日の診察でインフルエンザでもないし、手足口病でもなく、喉の炎症から来る高熱。とのことでお薬っもらって飲ませたら、あっけなく熱がさがりました。

やっぱりなー。手足口病じゃないと思ったー!
一発目の行った病院・・あれは何のための薬だったんだろ。
本当病院てのは、当たり外れがあるよ。

丸4日間、彼は本当にしんどそうで、顔を真っ赤にしてハアハア息をしてぐったりしてたのでね。
そんな姿はやっぱり、かわいそうでみてられんのです。

そう、そしてゆのさんはというと。
健康そのものでして。元気元気超元気な連休をお過ごしになってました。

なので、元気なのに、家に引きこもられせるのも可哀相だということで。
ゆのは、パパと初デート!

これはゆのが生まれてからの旦那さんの夢でして。
ゆのと二人っきりでどこかに行ってみたいと、かねてから言っていたのです。

そして選んだデート先はガトーキングダム
豪華温泉プール施設です。

そりゃもう、ウッキウキでお出かけになりました。旦那が。
そして、ホクホク顔で帰宅しました。旦那が。

それはそれは楽しかったらしいですよ。
二人でキャッキャッとプールで遊び、カフェでアイスとケーキを堪能しつつ、最後は温泉で〆てきたそうです。

確か2歳半のときに初めて銭湯に連れて行った時は、泣きわめいて、「大きいちゃっぷん(風呂)はいやなのー!」と全く入らないで帰ってきたのに。

大丈夫だったらしいです。
帰ってきたときには、ゆのさん大興奮でいろいろ母ちゃんに教えてくれました。

よかったねー。でもいいなー。ガトキン・・。
行ってみたいなー。しかし水着がなー。ビキニしかもっとらん。
しかもビキニなんてもう着れん。へその下からまっすぐ出来た妊娠線が、いまだにうっすらと残ってるし。

なんて、思いつつ水着をネットで物色。
おおー!なんかすっげーいい水着見つけたー。いろんな所を隠せる水着みーつけたー!
まあ。でも今お金ないから買えないんだけどもね。いつか。いつかそのうち買っちゃいましょ。

そう。そしてね。最終日も。
味をしめた旦那さんは、ゆのを遊園地と連れて行きました。
トモルと私は家でお留守番。

ゆの大好きともるっちょは、「いぐー!いぐー!じゃんばー!着るー!」と泣きじゃくっていまして。
それはそれは、可哀相でした。

まーでも。完治した翌週には、滝野で遊び。
その翌週には、えこりん村へと足を運び、深まる秋を満喫してきました。

つーかね。えこりん村。なまらよかった。びっくりした。
ただの牧場かと思ったら。
すんげーきれいな庭園が丘一面に広がっててね、超素敵な所でした。

やぎの放牧場所では、トモルっちょが、めー!めー!とヤギに大興奮。
こっちにポニーがいるから、おいで。と呼んでも「メー!メーがいい!」と半泣きになるほど、ヤギに心奪われていました。

先祖はヤギか。




2009.09.29 Tuesday | - | - | -
スポンサーサイト
2010.04.16 Friday | - | - | -