無料.ホームページ ゆの3歳1ヶ月 トモル1歳9ヶ月 | ケンチキ

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.16 Friday | - | - | -
<< ゆの3歳 トモル1歳8ヶ月 | main | ハハ ガ ニュウイン! >>
ゆの3歳1ヶ月 トモル1歳9ヶ月

  

1枚目 ある日の夕方玄関先にて
2枚目 必ずこうやって両手で目を隠しながら泣いたふり・寝たふりをする

なんだか、夏を感じる前に秋になってしもうたねー。
今年の冬こそ車を乗りこなせる人になりたい!そんな願望を持ちまして。

いや、なんせ冬にそり引いて毎日の買い物が辛すぎた去年があったからねー。
てなもんで、3ヶ月程前から車の練習しています。

一向にうまくなっていない気がします。
先日は、踏み切りに挟まりました。旦那が顔を真っ赤にして焦りまくっていました。
先日は、右折でコンビニに入ろうとして、自転車を引きそうになりました。
旦那が、冷たくなにしてんの?と怒っていました。

ついでに私の近況報告。
念願の洗濯機を買いました。「日立風アイロン」最高です。
乾燥までやってくれるなんて、感動ですなー。

てことで、近況報告。
子供達はここ数ヶ月病気になることもなく、超健康体で毎日を過ごしていますよ。

最近の出来事。

えー。先回の記事で書いたように、誕生日にピンクのドレスをもらったゆのさん。
その日からかれこれ2ヶ月弱。
我が家では、「お姫様と王子様ごっこ」が巻き起こっています。

ゆのはトモルの事を「王子様」と呼び、自分の事は「おししめさめ(お姫様)と呼んでね」とトモルに伝えています。
公園でも「王子さまー!」と呼ぶのでかなり恥ずかしい。

家では、「助けてー!王子様ー!」とジャングルジムの上から叫び、それに呼応して、トモルっちょはどこにいてもどんなことをしていても、「あーい!」と返事をして駆けつけます。

そして、暇さえあれば「ズンチャッチャしよう?」と言い出して二人で両手をつないでくるくる回りながら踊り、最後は倒れて頭をぶつけて泣いています。

かわいそうな王子様とお姫様・・。

そして、3歳の誕生日の朝に旦那様からプレゼントしてもらったパズル。
これが、ブレイクしまして。

今までも12ピース16ピースのパズルはあったのだけども、やろうよ!と言って教え始めると、説明を聞かずして、「ゆのがやるのー!」と言い出し、結局パズルの楽しさを体感する前に、訳がわからず、飽きてしまう。てな感じで全く遊べなかったパズル。

これがですね。
4ピース・6ピース・8ピースセットのものを与えると、ものの数分で全ピースクリア!
3歳になったのと同時に、いきなりパズルの楽しさを覚えたゆのさん。

1週間ほど繰り返し繰り返し遊んでいたのだけど、あまりにも簡単になったらしく、そのうちやらなくなってしまいました。

すると、旦那さん今度はいきなり30〜40ピース辺りのパズルをドンドン購入し始めまして、今では6冊あるんだけど。

さすがに40ピース位のものは難しいようで、一緒にやらないとできないみたいだけど、27ピースのパズル。こーれを、ゆのさんは一人で全部できるようになったのよー。

すごいねー。
しかも結構集中してやってるから、間がもつ。うんこれはありがたい。
しかも、成功例を繰り返しやってみる性質のある子なので、何度もやる。うん。これもありがたい。

が、途中で怪獣(トモル)が乱入し、ピースを全部あちこちにぶん投げ終了。そしてその散らばったピースをすかさず犬が咥えて、ガシガシ食べるという最悪の結末を迎えるのです。

いいんだか、悪いんだか。
でもあれか。頭使ってるから、パズルってなんかよさげだよね。

地味にトモルもパズルわかってるらしく、コレはどこ?と聞くと、「ここー!」とちゃんとあっている所を指差してたりもするのです。

ある日の事。
絵本を読んでいるときに、かえるの絵があったので、「蛙の赤ちゃんは、なーんだ?」と聞いてみたら
「うーん・・・」と超悩んで

「スジコ!」と元気に答えていました。
ん、ま、ま。卵の時はあれだ。似てなくもない。むしろ似てる。超にてる。

つか、正解!ありゃきっとスジコだよ。そしてちょっと大きくなったらさ、おたまじゃくしになるんだよ。

すじこ→おたまじゃくし→カエル!ていう。

8/中旬
その日は、19時から「本当にあった怖い話」というテレビをやっていて、うっわー!超みたい!とテレビ欄をみて思っていた母ちゃん。

だが、19時台のテレビをゆっくりまともに見れる日々なんてこの3年送ったことがない。
もちろん子供らの遊んで攻撃により、だ。

夕飯を終えて茶碗洗いをしていた18:45分。
ゆのに聞いてみた。
「ママ、19時からお化けのテレビが見たいんだけど見ていい?」と。
すると、以外にもゆのが「ゆのも見るー!」と。

そして、始まるまでの15分の間「まだ?まだ始まらないの?ねーまだかなー?」と超ワクワクして待ちわびているのです。

そして3人でソファに座って「ほんこわ」を見始めたのです。
驚くことに、ゆのもトモルもテレビに見入っていまして、お化けに少年が手を引っ張られているシーンでは、ゆのが身をよじりながら「あぁ!あああぁ!」と、か細い声をあげてビビりまくっていました。

3話目の幽霊が追っかけてきて車のフロントガラスからガバー!と出てくるシーンでは3人でキャー!と飛び上がりゆのは怖かったねーと言いつつも、苦笑い。がしかし、トモルはよっぽど怖かったのか、泣き出してしまい「でゅーでー!(幽霊)」と泣きじゃくっていました。

いやー。なんだか素敵な夜でした。
だって、3人でソファに座ってゆっくりテレビを見るなんて!しかも子供番組じゃなくて、私のみたい番組をだよ?

怖い話をワクワクとドキドキで見ることが出来るようになったなんて、ゆのも成長したもんだなー。

そして8月のお盆休みのお出かけはですね。
今年最後の海へ!
朝10時から夜18時までゆのもトモルもノンストップで遊びまくりました。
ゆのはお昼寝ナシはわかるけど、トモルはお昼寝なしでよく頑張ったなーと。
この子の体力は本当すげーよ。

もう二人とも、どろどろの砂まみれ状態でしたが、超楽しそうだった。

そして、行ってみたかったノースサファリパークへ。
ここは、アレです。放し飼い動物園なのです。なぜか犬とかいるし。
トモルと私は超でかい黄色のヘビにもボディタッチしてきました。

ペンギンだって触れちゃうんだよー。すごいよね。

まー。そのほか最後の水遊びなんかもしたりして短い夏を堪能しました。
そう。その水遊び公園での事。

ブランコに乗りたいと、言い出したトモルに付き合ってブランコ乗り場まで行くと、既に違う女の子達が乗っていまして。

じゃあ、ちょっと待ってようかなと思っていると、トモルがボソっと呟いた。
「じゅんばん」と。

おおお!すごい。順番わかるんだねー。
なんだかその呟いた感じが超かわいくてね。トモルも日々の公園遊びでいろいろ学んでいるんだなーと、思えたのです。


えーと後は。
ある日の昼下がり。

トモルとゆのがなにやら二人で、話ながらケラケラ笑っています。
何をしているのかと見ていると。

ゆのが大きいクリップ(紙束をはさむようなやつね)を持って、トモルの足やら背中やらを挟んでいるのです。

「ねー。とも。ここは?いい?」

「いいー!」

「じゃあ。ここは?いいー?」

「いいー!」

「じゃあ、ちょっとお馬さんのポーズして」

トモルすかさず地面に頭をつけて尻を高らかに突き上げる。

そしてその尻をクリップで挟んで
「ねー。ここはどう?いい?」

「いいー!!」

と。

何をしてるんだと。それは何遊びなんだ。

クリップ一つでこんなにも広げられるなんて子供て凄い。

8月下旬。
オーストラリアから帰国していた友達が再びオーストラリアへ帰ってしまうので、その見送りに行ってきました。
その時友達は、あまりの寂しさに泣いてしまいまして。
すると、その涙を見たゆのが、なんともらい泣き。

目を真っ赤にして口をゆがめながらの泣き顔になっていました。
もう、なんて感受性の豊かな子なんでしょう。かわいいのう。

こんなちっこいのに、もらい泣きなんてするんだなーと、小さく感動したのです。

最近のゆのは、お手紙を書くことにはまっていまして。
といっても、文字は書けないので、メモ帳にぐるぐると殴り書きをしたものを「ママーお手紙だよ」と渡してくれる。

「なんて書いたの?」と聞くと「ゆのは、ママがいっつも大好きですって書いたんだよ。ね。無くさないように、大事にしまっておいてね」と言われ感動した。

その後も何通も何通もくしゃくしゃになったメモ帳になにやら書いて渡してきてくれまして。
さらには、私がトイレに入っていると、「ママー!」とやってきて「お手紙ここにおいておくからね」と言って、トイレのドアの下の隙間からスーっと手紙を入れてきた。

お、お手紙がトイレに届いたで。
なんだか可愛らしくてニヤニヤしちゃった。

トモルっちょ。
ここ1ヶ月で、すっかり2語文の世界に突入しました。
かなりしゃべります。

寝起きでは、奥まった寝室から「ママー おいでー ママー おいでー」と呼ばれ行ってみると、自分の目の前を指差して「こーこ!こーこ!」とココに座りなさいと言ってくる。

食べ物を取り扱っていると必ず寄ってきて「なーに?」と聞いてくる。
「大根だよ」と答えると「たーべーたーい!」とまるで女子高生並みにおねだりしてくる。

なーに?が頻繁になっているのですが、壁だよ。とかドアだよとか答えていると、トモルに「これなーんだ」と聞くと「にんにん(人参) あーよ(だよ)」と答えるようになってきた。

「だよ」がついてくると、キュートさが2割増す。

「とーもーちゃーん」と呼ぶと「あーーいー!」と返事をし、「こっちおいでー」と呼ぶと「やーだーよー」と歌うように返してくる。これはやばい。かわいすぎる。

本当にねー。これ活字で書いちゃうと、ぜーんぜんかわいらしさが伝わらないんだけど、実際しゃべりだした1歳児の言葉ってのは、メロメロになるくらいかわいいのよ。

数ヶ月ほど前から、口癖が、「だいじー!」なんだけど。
とにかく、トモルの持っているものを、貸してとお願いすると必ず「やーだ!大事ー!」と言って持っているものをぎゅっと抱きしめる。

たとえそれが、使い古したティッシュであろうとも。

先日は。
夜の寝かしつけの時、またしてもゴロゴロと転がりながら大きな声で独り言を呟いていたトモルっちょ。
と、突然「ママー 手って!」と言いながら母ちゃんの手を取り、恋人つなぎっていうの?こう、指を絡めながら手をつなぐ、アレをですね両手ともつなぎたがりまして、そして「大事ー!大事ー!」と笑顔で叫んでいました。

これは、キュンとしたもなー。
やっばかったもなー。
2009.09.01 Tuesday | - | - | -
スポンサーサイト
2010.04.16 Friday | - | - | -