無料.ホームページ ゆの3歳 トモル1歳8ヶ月 | ケンチキ

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.16 Friday | - | - | -
<< おでかけ | main | ゆの3歳1ヶ月 トモル1歳9ヶ月 >>
ゆの3歳 トモル1歳8ヶ月
 
 ゆの万歳  ゆのに

ついにゆのさん3歳へ!!
いやー。早いもんですな。あれよあれよと3歳ですか。そうですか。

数週間前から、もうすぐ誕生日である事を知っていたゆのさんは、夜な夜な一人誕生日ごっこをやっておりました。

ダンボールをテーブルにし、おままごとをせっせと運んでテーブルに綺麗に並べ、その前で一人正座します。
そして、母ちゃんとトモルっちょに向かって「ねー。ハッピバースデー歌ってー」と強要。

歌ってあげると、肩をすくめながら満面の笑みでこちらを見ています。
やばい。相当かわいい・・。

てことで、超ー楽しみにしていた誕生日。

まずは、壁の飾りつけにちょっと興奮。アンド、壁にはゆのが大好きなディズニーキャラクターの絵が張られています。
前日夜中に、旦那さんがせっせと手書きしていました。手書きて。

そして、このドレス。
旦那さんが調子に乗って買ってしまったそうです。
が、ゆのは大喜び。

大好きなミニーちゃんが、ディズニーパレードで着ていたのと同じだー!と大喜び。
自分ですそを持って、くるくるくるーと回ったりなんかして。まー。可愛いこと。

そして、母ちゃんは、汗をかきながらせっせと料理つくりました。と言っても2品だけど。

なんちゃって、ケンタッキーチキン(チューリップにリボンも巻いてみた)と、とろとろジャガイモとサーモンの重ね焼き。
ばあばには、赤飯と生ちらしをお願いして。
無事にゆのさん3歳誕生日を迎える事ができました。

誕生日プレゼントは、こまごまと一杯あげました。
まずメインは、ミニーちゃんのレジスター。
もう3ヶ月位前から欲しい欲しいと言ってた念願のものです。

そして、ミニーちゃんのバッグ・デイジーのぬいぐるみ・ミニーちゃんのマグ・ミニーちゃん他ディズニー主要の女の子キャラ全般のメモ帳数冊&ディズニーキャラティッシュを山ほど。

じいじとばあばからは、ミニーちゃんのパンツ3枚セット&アンパンマンのひらがな積み木?みたいなやつ。

そして、ラストはこのケーキ

ケーキ

ミニーちゃんと、マリーちゃんとミスバニーと、ついでにトモルの大好きなスティッチも!
絵じゃないんだよー!立体だよー!すげくねー?
コレはマジパン?だかというもので作っているらしく1年以上も保存可能らしい。

親の方が感動しちゃったよ。このケーキはすごいよ。
と、まあこんな感じでゆの3歳を盛大に祝う事ができました。

て、わけで。3歳のゆのをたっぷりと書いてみよう。

3歳のゆのは、ディズニーとピンク一色です。
毎日毎日ミニーちゃんやらデイジーなどの話ばかり。ごっこ遊びも全てミッキーとミニーごっこ。

風呂に入れば、お湯がかかった瞬間から「あー!ゆの、ミニーちゃんになってきたみたい!」と。いや、全然なってきてはいないみたいですが。

「わー!本当だ。ゆの、なんだか頭に耳がー!」と答えると超喜びます。
そして「ママ!ママもブルーフェアリーみたいになってきたよ!」と。

「ま、マジでー?嬉しいー!背中に羽が生えてきた?」と答えると、興奮します。

ほぼ一日中こんな感じのなりきりトークを展開しています。

お出かけ時は、必ずミニーかデイジーを小脇に抱え、ミニーちゃんのバックをかけて出かけます。
トモルは、そんなゆのの真似をして、唯一もってるバイキンマンのポシェットを首にかけ、ミッキーのぬいぐるみを小脇に抱え出かけます。

片時もミニーちゃんを離さないゆのに対して、常にミッキーを投げ捨てて忘れてしまうトモルっちょ。対照的です。
先日は、どろどろの水溜りの中にミッキーを沈めてジャブジャブしていました。

母ちゃんは、青ざめて叫んだね。「ミッキー!!!」つって。

えー。そして、ピンク。これね。ピンクなしでは語れない。
ゆのはピンク一筋ピンクマンなのです。
服はもちろんの事、公園や散歩道で見つけた花や、スーパーで目に付いたお菓子、遊具施設で置いてあるおもちゃや、その他全てのものに対して、ピンク色を見つけると、テンションが上がります。

「ピンクだー!ゆのの大好きなピンクだー!」と。

なので服選びは毎日バトル。
この子は服に対してのこだわりがすげーのなんのって。

朝起きたらまず最初にすることが、「ゆの、お着替えするー!」なのです。
そして、コレは?コレは?と聞いても「可愛くない」だの「変でしょ」だのと、文句タラタラなのです。

しかも、一日に3回は着替える。超面倒なんだけども、拒否ると、号泣するので断れない。

口癖
「どうやって?」を3ヶ月程前から連発するように。

3歳位の子ってね「どうして?」てすごい聞くと思うのです。
世の中に、不思議がたくさんあるって気づくんだと思うんだけど。

でも、何故かゆのは「どうして?」じゃなく「どうやって?」と聞いてくる。
WHYじゃなくてHOWなのだ。

例えば「パパ会社行っちゃったねー?」と話しかけると「どうやって?」と。
「いや、どうやってって・・車で?」「車で、どうやって?」「えーっと。ブブーて」

「トモが転んで泣いてるよー!」「どうやって?」「えーと、ゴチーンてして」「ゴチーンてしてどうやって?」「えー・・ゴチーンてしてから、エーンエーンて泣いてるわ」「ふーん」

「ほら、見て!ゆの!お月様だよ!」「本当だ!」「キラキラして綺麗だねー」「キラキラってどうやって?」「え?いや、どうやってもこうやっても、こー・・ピカピカー!みたいな・・」

てな感じで、どうやって?と聞かれると最終的な着地点は、必ず擬音で終わっていることに気づいた。これで、彼女は本当に納得しているんだろうか。

そして、いまだに「どうやって」の質問は続いています。
世の中の不思議を、果たしてちゃんと解決できているのか、母ちゃんはちょっと心配なのです。

食について。
3ヶ月程前から肉食に変わってきた。
以前は肉と言ったら、豚ピカタか、豚しゃぶくらいしか食べなかったのです。
とにかく甘辛系の味付け全般がダメでした。

が、ここ数ヶ月は食べれるものがグーンと増えた。
そして毎日「今日のお肉はなーに?」と聞いてくるようにまで。もう完全に肉食系。

現在のゆのの大好物
ラーメン (これはもう鉄板です)
豚しゃぶ鍋の中のえのき茸
豚ピカタ
ミートボール
ハンバーグ
から揚げ
チキンナゲット

と、見事に子供メニュー。上記メニューの時だけ、ご飯をおかわりします。
そして、醤油が大好きらしい。
なんでも、醤油つけて食べる。日本人だなー。

ちなみにトモルの好物は、トマトとブロッコリー等野菜全般。草食系男子です。

2歳前過ぎまで、本当に偏食ですっごーい大変だったけど、今はしょうが焼きとかも全然食べるし、大分楽になりました。野菜はそんなに好きじゃないらしいけど、以前よりは頑張って食べてます。

3歳検診も無事終わり。
身長と体重では、やや体重が勝っているらしいけども。
色白ぽっちゃりタイプなのです。まー、なんつっても私好みなのです。
こんくらいの年の子って、やっぱりぽっちゃりしてたほうが愛らしいと思うのよ。持論ですが。

ゆのなんて、手首にまだ赤ちゃんシワが残ってる位だもん、日焼けしてシワだけが白く残っちゃうていう。あれが、たまらん。

未だに入眠アイテムは、毛と指しゃぶり。
指しゃぶりについては、私がソファでくつろいでいると必ず側にやってきて、すぐさま髪の毛を触りながら指しゃぶりをする。そして「ゆの安心してるのー」と。

この指しゃぶり。そろそろやっぱりやめた方がいいのかなーと思って、3歳検診の時に歯科医の先生と、保育士さんに相談してみた。

まー。結果は無理にじゃなくても・・て事なんだけど。その相談現場にいてじーっと話を聞いていたゆのさん。

その日のお昼寝タイム。
さー!寝るよー!と声をかけると、「ゆの、もう指チュチュしないよー!」と言い出した。
止めようねとは、一言も言ってなかったのに・・。

す、すごい。自分で決めたのかーと、ちょっと感動しまして。
幼いながらも、やめなきゃな。と思ったのかと思うと、いじらしくてねー。

そして、昼寝タイム。
ゆのさん必死に指しゃぶりをしないように、タオルケットをかみ締めて我慢しています。
が、寝れない。寝れない。眠たいのに、全然寝れない。

最後はあー!と言い出したので、「いいよ。チュチュしても」と言うと、すぐさま指しゃぶりを開始して5秒で即寝。

指しゃぶりはずしの道は遠い。

そしてトイレトレーニング。
3歳になる2週間程前には、ウンチも完璧になり、無事終了。
夜はまだオムツだけどね。

夜外すのは、こりゃ困難ぽい。だって朝起きたときのおしっこの量は半端ないもの。
でも、まあ昼間のおしっこウンチは完璧です。

おしっこも草むらだろうがなんだろうが、どこでもできるよー。すごいねー。成長したね。

そして、運動面でも大きく成長。
もともと、あまり動き回るタイプではないゆのさんが、2歳半を過ぎた辺りから活発化しまして。
今では、いつも行く公園の遊具の、最終到着点まで一人でたどり着くことができるようになりました。

そこはどこかと言いますと。

こんな感じのね。



遊具があるんですけど。一番てっぺんにあるやぐら。
これが、小さい子達の最終目標なんです。ここまで一人で行けたら、いっちょまえ!みたいな。
つか、親が思っているだけかもしれんけど。

これ、やぐらにいくまでに、ロープのあみあみを渡っていくんだけど。
サイドがないから、結構怖いらしくて、ずーっと行ってみる!とは言わなかったのです。

が、2、3ヶ月前に、突然「ゆの、ここ行ってみる!」と言い出して。
ゆのが、行くということは、必然的にトモルも行く事になるわけです。

なので、二人が落ちないように(特にトモル)母ちゃんは、→のロープ終わりのギリギリの所でスタンバって二人を抱っこしてやったり、ロープの穴に落ちた足を引っ張り出したりするわけです。

こーれがさ。結構怖いのよ。
落ちたら大人だって怪我するぜ。っていう高さだし。
なのに、そんな事は全く関係ないトモルっちょは、やぐらに入ったかと思うと、そのまま母ちゃんめがけてダイブして飛んでくる。

ちょーーーっ!マジで落ちるって!ていう。

そんな母ちゃんを尻目に、ゆのさんはどんどんチャレンジを繰り返し、遂には母ちゃんの手助けなしに、一人でやぐらまで行けるようになりました。



す、すごいじゃん。ゆのーーー!
これが、彼女に自信をつけたらしく、その日は、10往復位してました。
「ゆの、もう一回やってみる!」と目をキラキラさせて言うのです。

まーなんて可愛らしい。こんなちょっとした事だけど、一人でできた!が、ゆのにものすごい達成感を味あわせたらしい。
なんだか、誇らしげだったもんなー。
今では「ゆのちゃん、運動神経いいよねー」と言われる程、はしごだとか、ロープだとかをガンガンこなすようになりました。さすが、我が娘。
運動神経がよい、父と母の子だけあるのです。えへへ。

3歳ゆのの性格
典型的な内弁慶タイプ。

初対面の人に話しかけられると、身をよじってもじもじし、照れまくる。
初対面じゃなくても、たまーに会う位の人にも、話しかけられても「恥ずかしいの!」と照れ笑いしながら身をよじる。

週一で会っているお友達と、自宅で遊んだりする分には、「一緒に遊ぼう!」とか「それ見せてー!」などと結構積極的に話しかける面もみせるが、幼児サークルなどでは、一言もしゃべりません。

公園などで、毎日会うお友達とも、ほぼ会話はなし。
でも気に入ってる子はいるらしい。

その反対に気に入らない子もいるらしい。
「ゆの、〇〇ちゃん好きじゃない!」などと言ったりもする。
どうやら、ペラペラとおしゃべりが上手な子は苦手らしい。

そして、大人しくてあまりお話が上手じゃない子が好きらしい事が判明。
自分の思い通りに動いてくれそうな子が好きていう。オレ様気質です。

内弁慶だけども、やる時はやる。といういか、本番に強いというか。意外としっかりものです。
そして、ものすっごいビビり。

大体なんでも怖がる。
遊具とかでも見た目無理そうなものは、絶対にやろうとしない。
誰かがやっているのを見て、できそうだなー?と思ったら動く。という石橋を叩きまくる性格です。
なんつーか、あまり無茶をしない子です。

そして、とても空気を読む子。
夫婦喧嘩や、トモルを怒っている時などなど、必死に場を和まそうとしたり、時には私を叱責したり、慰めてくれたり。

いい子なのよー。本当うちの子って!!!
ゆのが、私のところに産まれて来てくれて本当によかった。

朝の忙しい時間。
パタパタとせわしなく動く母ちゃんの足にスっと絡み付いて「ママ。ママはゆのの一番大事だよ」とサラっと言ってくれるゆのは、本当に優しくて愛しいわが子なのです。

ゆの3歳おめでとう。
ママもゆのが超ー大好きだよ。

あー!そうそう、そしてトモルっちょも、1歳8ヶ月。

ともアップ

すっかり、ゴッツクたくましーくなりました。
なんだか最近は抱っこがきつく、よっ!とか掛け声をかけないと持ち上げられなくなってきました。

そして、彼もまた公園の遊具をテケテケテッテッテーと行ったりきたり。
他のママ友にも、「トモ君すごくない?」と言われるほどに。

トモルのは運動神経うんぬんより、怖いもの知らずて感じなのだけど。

先日も。
ゆのが、上ってみたはいいけど、思った以上に急降下の滑り台に怖気づいて「ママ抱っこー!助けてー!」と泣きながら抱っこで降りたのに、すぐ後ろから来ていたトモルは、シューンと普通に滑っていった。

お、おまえ。すげえな。ていう。

そして遂に。
「ぶんでー」!の言葉が。
そう「自分で(する)」ていう、あの微笑ましくもあり面倒くさい時期が彼にも訪れた。

ある日、パジャマを着せようと頭にかぶせると、超怒りながら「んでー!」とパジャマを脱いで投げ捨てた。
なんだ?「んで」ってなんだ?と思っていたら、もう一度自分で着ようとしている。

ああ。そうか「自分で」って言ったのかと、初めて気づいたのです。
その後も、太くて短い指でパジャマの端と端をつまんで広げようとするものの、なかなか広げられずに癇癪を起こすトモルっちょ。

それを手伝おうとすればもちろん「んでー!」と怒り、横を向いてさらに挑戦。

そして、じーっと隣で、待っていると「マーマー!」と怒り気味にパジャマを渡してきた。
やれということですか?ええ。それならそれで構いませんよ。やってあげますよと、頭にかぶせると、これまた怒って「んでー!」と脱ぎ捨てる。

ねー?どうよこれ。超微笑ましく、面倒でしょう?
結果、パジャマを投げ捨て、裸で遊び狂ってました。

きーれーやー!




2009.08.01 Saturday | - | - | -
スポンサーサイト
2010.04.16 Friday | - | - | -