無料.ホームページ おでかけ | ケンチキ

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.16 Friday | - | - | -
<< ゆの2歳11ヶ月とトモル1歳7ヶ月 | main | ゆの3歳 トモル1歳8ヶ月 >>
おでかけ

いちご   


1枚目 6月中旬に友人家族とともに、イチゴ狩り
2枚目 いつも遊んでいるJR駅構内の手すりで、鉄棒の練習中

てなわけで、お出かけ編でも・・と思いましたが。
いやー特にそんなに行ってないことに気づいた。

つーか。写真も6月て!ていう。
まあその。イチゴ狩りなんかも行ってみたりしたんです。6月に。
そしたらね、どこの農園も「イチゴ狩り終了しました」って看板がかいてあるわけです。

どぅえー!?ですよ。終わってんのー?ていう。
が、しかし。終了と書いているにもかかわらず、なにやら小学生の団体がきているっぽい農園がありまして。

無理言っていれてもらいました。
やったーぃ!と思い中に入ると、アレですわ。

イチゴ、あらかた食われてしまってます。

イチゴを探しても探しても見つからないのです。
横で、小学生が「俺40個食べたー!俺なんて43個ー!」と言い合ってます。

お、おまえら・・食いすぎやわー!
いやー。小突いてやろうかと思ったよ。

だけどこちらにはですね。ハンターがいました。ハンタータツです。ええ。友人の旦那様。
タツは、イチゴハンターと化し、荒らされた荒野からイチゴをみつけだし、皆に振舞ってくれたのです。
しかも、めちゃめちゃおいしそうな大きい粒のやつね。
タツ。あんた、すげぇや。

子供らも初のイチゴ狩りでキャキャ!とはしゃいでおりまして。
服が、イチゴ汁で汚れまくっておりましたが、大きな口を開けて、もぎたてイチゴを食べるしぐさはかわいかったわー。

次は、あれ。アレいってきた。
ディズニー オン アイス
初めて行ったんだけど、結構楽しかったよ。
ゆのは、ミニーちゃん命だから超興奮してました。

いやー。しかしディズニーは高いよ。ランドの入園料と変わらない値段だもん。
高すぎだよなー。
その後は友人夫婦とともに、ボーネルンドの遊具施設へ。

次の日は、海へ。
確か7月頭だったか。今年初の海。
去年は、波打ち際でちゃぷんと程度でしたが、今年のゆのとトモルはすごい。
ガシガシ入っていきました。

そして、トモル溺れる・・・。
ふと目を離した隙に転んだらしく、うつぶせでぷかーんと、一瞬軽く浮いてました。
血の気が引いたね。

旦那さん慌てて引き上げたので大丈夫だったけど。
どうやら目を開けていたらしく、海水が目に入って「たいたい!めんめ!たいたい!」と
泣いていました。とりあえず無事で何より。

そしてトモルっちょは、水着ギャル達にモテモテでして。
あれー?トモいなーい!と探していると、水着ギャルの膝の上に仰向けで寝ていまして
両手で目を押さえています。

「何してんのー?」と聞くと、ギャルが「寝ちゃったみたーい!」というので、結構な時間を膝枕で過ごしていたらしい。

それに気づいたゆのが、「とーもー。なにしてんのー?」と近寄ると「でへへへー」と
目を開けたので、完全に寝たふりをしていたらしい。

おまえはエロおやじかと。

そして、ゆのは、海で初おしっこも体験。
今までは洋式トイレのみでしかしたことなかったのですが。
おしっこ!と言われ、どうっすっかなー?と考え、「ママが抱えるからおしっこできるかい?」と聞くと「できる。」というので、遠くの草むらに連れて行って、足をもちあげて抱えての初おしっこ体験!

「シーっシーっ!」と掛け声をかけてあげると、「ちょっと、うるさい」と言われ、シュンとしましたが。(私が)おしっこに集中したゆのさん。見事じょじょじょじょー!と出ました。

いやー。何事もやれば出来るもんだね。
こちらがいらぬ心配をしているだけで、子供って以外とさー。
何でもやらせればできちゃうもんなんだなと。

7月後半おでかけ。
友達家族と、しまじろうコンサート&居酒屋
以外と、ゆのもトモルも楽しんでいた模様。&私も久しぶりのお友達夫婦とのお出かけで超楽しめた。
あとは、ディズニーショップへ行ったり、水道記念館公園とかも行ってみたよ。

て事で、お出かけ編は終了。


で、最近の出来事編

7/15
近所のスーパーでガチャガチャしていたのですが。
ゆのが、狙っていたミニーちゃんのおもちゃが出ず、出てきたのはスティッチのおもちゃ。
それを見たゆのが「ゆのは、スティッチ好きじゃないの!」と怒り泣きをしていました。

そして、その日の夜。
ガチャガチャに入っていた説明書をじっと見つめながら、なにやらブツブツと呟いているゆのさん。
「ん?どうした?」と聞くと、「今度はミニーちゃんが出ますように。って書いてあるわ」と。

いや、きっとそんな事は何一つ書いてないと思うんだけど。
よっぽど、ミニーちゃんが欲しかったんだねー。

そして、スーパーの帰り道の事。
家の前に2つの水溜りができていました。

最近買った長靴で水溜りでバシャバシャやるのがお気に入りな二人は、嬉しそうに水溜りに入っていきました。

まあ、家の前だし、濡れてもいーやーと、玄関に座って二人の様子をみていました。

最初は足でバシャバシャやっていたトモルっちょ。
が、その後四つんばいになり手も入れてバシャバシャ。

あー。おまえはやると思ったよ。きっとやるんじゃないかと思ったよ。
そして、そんなトモルを発見したゆのは、そうか!それもアリか!とこれまた嬉しそうに四つんばいで手も入れてバシャバシャ。

ま、ままそうだろう。やりたいよね。トモルがやってるなら私も!て思うよね。うんわかるよ。わかる。と、微笑んでみていると、今度はトモルっちょが、水たまりの水をすくって顔を洗い出した。

か、顔もーーーー?
顔も洗っちゃうのー?泥水でー?

母ちゃんびっくりですわ。まさか顔洗うとは思ってなかったし。
すると、ゆのもすかさず、水たまりで顔を洗い出す。

いや、なにをしてんだと。兄弟そろって、水溜りで顔を洗うとは予想だにしなかった。
小鳥かと。小鳥の水浴び中か。
子供の発想力て、まじで無限だよね。

そして、その後のお昼ご飯のときの事。
その日は焼きそばだったのですが。

ゆのと話をしていて、ふと振り返ってトモルをみると、耳の穴に焼きそばを入れていた。
いや、何をしてんだと。
おまえはその穴で飯を食うのか。

本当トモルっちょは、アホです。アホかわいい。


7/18

初めての3人でお出かけ
お出かけというか、街にあるハローワークまで行ったのですが。
汽車に乗って、地下鉄に乗って、ちんちん電車に乗ってという長旅を3人だけで行くのは初めてでして。いつもは、そんな遠くに行くのなら、旦那さんの車で行くもんだし。

私的には、「本当に3人でいけるかなー」と超不安だったのです。抱っこ抱っこ攻撃になったら絶対お手上げだし。
なので、行く前から何度もその行程を説明し、ゆのが歩いてくれないとママは行けない。と説明すると「大丈夫だよ。ゆの行けるよ!」と頼もしい返事をしてくれていました。

そしていざ街へ!
朝7:30に家を出発。まずはJRに乗るための長い長い階段。これがくせもの。
だって、踊り場が2箇所もあるほど、ながーい階段なんだもん。
これをゆのが上る上る。そして、ホームまでさらに下る。下る。

そして、汽車に乗るとなんと通勤ラッシュ真っ只中。
ゆのは、大人たちに挟まれ、私もともるを片手で抱っこし、ゆのと手をつなぎ、立ちっぱなしで15分。
死ぬかと思った。腕ちぎれるかと思った。トモルてば、超重い・・。

そして構内について、またも、階段。さらに歩いて、また階段。さらにまた階段!本当札幌駅て階段多すぎだよ。エスカレータに乗れないゆのは、必然的に階段使うしかないんだもん。

そして地下鉄へ。コレも通勤ラッシュ。そしてまたしても階段。さらに電車へ乗り継ぎ。

やっとこさ、ハローワーク到着。
終了して、さらに同行程の帰り道。

本当にねー。文句も言わずゆのは、めちゃめちゃ頑張って歩いてくれ、「抱っこー!」とも一言も言わず、階段も全部一人で上って降りて、上って降りて。だったのよ。

が、最後の最後。この階段を上って降りれば、もう家だよ!てとこで疲れ果て突然立ち止まり号泣し始めた。

そりゃそうだよね。疲れたよね。朝も早くから通勤ラッシュにもまれてだもの。
ラストの階段は、母ちゃんゆのをおんぶ、トモルを抱っこして、階段ダッシュ降り。

もう親子共々、へとへとでした。
もうーーーー!本当によく頑張った。ゆのの我慢強さと、頑張りに涙が出そうな小旅行でした。
大きくなったんだねぇ。


ある日の出来事 トモル編
いつもののごとく、使っていた電車のおもちゃをゆのに取られたトモル。
泣きわめいていたのですが、ママー!と呼ばれないので見ていると。
だんだん怒りがマックスになっていったらしく、転がっていたダンボールを
殴る蹴るの暴行。

ものすごい八つ当たり現場を目撃しました。
す、すごい。そんなに悔しかったのか・・。


7/21 この日は私の誕生日。
ええ。36歳になりましたよ。えへへ。

今日はママ誕生日なんだよ。と話すと、二人がおままごとでケーキを作ってくれて、両隣でハッピバースデーを歌ってくれた。
なんか、ジーンときたよ。もう超うれちんこな日でした。ありがとう。
旦那さんに話すと、心底羨ましガっていました。母ちゃんの役得。役得。


7/25
機嫌が悪かったのか、いたづら心なのか定かではないのだけど。
ゆのが、お茶の入っているマグを、目の前でボーンと投げ捨てた。

投げちゃダメ。ちゃんと拾ってきて。と注意すると、「ママ拾ってよ」と。
「えーやだよ。ゆのが拾いなよ。」「やーだ。ママが拾ってよ」とお互いものぐさなもので、一歩も動きたくない。

距離にしてゆのからも私からもおよそ1m。
動けよ二人とも。ていう。

そして、「ママとって!」「やだ。ゆの取って!」と言い合い、最終的にゆのが「ママやっさしー!」と言い出した。

ええ?まじ?そう?そうかなーと照れながらマグを取って渡してあげると「キャー!ママ素敵ー!やっさしー!」と大歓声。

いやあ・・参ったなー。えへへーと。

なんかどっちもどっちなアホぶりでした。

トモルが鬼のほかに天狗を覚えた。
教育テレビを見ていたときに天狗のお面をつけた映像が流れそれを見て号泣。
ングー!ングー!(天狗)と泣き叫び、母ちゃんにがっちりつかまって離れない。

なんかしがみついてる感じで、相当力が入ってました。
そして、両手で顔を覆って、見ないようにしながら「ングー!ングー!やーだ!やーだ!」と
泣きじゃくり。

しばらく泣き止まなかった。
なんとなく二語分が始まったのかなー?てな感じです。

2週巻前くらいには風呂上りの旦那さんを見て「パーパー!ちーんちーん!」と言っては、キャキャ!と喜んでいました。

おーーー!二語分かーと思いつつ、「パパチンチン」が最初かよ。ていう。
今日は、「ねぇね(ゆのの事)、ばーん!」と言い、ゆのにバーンと叩かれたと、チクリにきていた。

「もう一回」を一本指を出しながら言うようになった。
DVDが終われば、「もう一回」おやつがもっと欲しければ「もう一回」と、なんでもかんでももう一回!
非常に面倒な言葉を覚えてしまった。

「やーだ」を連発。
オムツはこうー!と言えば「やーだ」。パパ起こしてきてーと言えば「やーだ」
風呂はいろうー!と言えば「やーだ」

おい。もうイヤイヤ期到来かよ。
が、トモルのやーだは、まだ言い方がかわいいので、プと笑ってしまう位なもんだ。

なので、ゆのとの会話も格段に通じている様子。
トモルが持っていた絵本をゆのが見て、「それじゃなくてこっちにしなよ」と言うと、「やーだー!」と首をぶんぶんふって返事をしていた。

「そうか。やだかー・・」と言いながら、本棚にしまっているゆのの背中が超かわいかった。

好きな色をゆのに聞くとピンクー!と答える。彼女はピンクマンですから。
そして、「トモはー?」と聞くと「あおー!」とちゃんと答える。

どうやら、色は理解しているらしい。
そして、好きなプリンセスは誰ー?と聞くと「オーロラー!」と答えていた。
ディズニープリンセスを全て把握しているご様子のトモルっちょ。恐るべし男子。

風呂から上がる時は、超適当に1から10まで数えている。

くまのプーさんの事を「あーさん」と呼んでいる。
なんだ。あーさんて。
スナックの常連さんのような呼び名じゃないか。

寝るときは寝付くまで、ずーっとしゃべりっぱなし、ゴロゴロと動きっぱなしのトモルっちょ。
だが、ここ1ヶ月は、おとなしい。

なぜなら、天狗や鬼が来るから静かに!ほら隠れて!と言うと、顔にタオルケットをかけて更に、そのタオルケットを口一杯ほおばり身動き一つしない。

一応隠れているつもりらしいが、顔にしかタオルケットをかけていないので、ほぼ丸見えですが。
そして、おもいっきり苦しそうに、はあはあと息を吐いている。
大丈夫だろうか。窒息寸前ぽいんだけど。

と、様子を見ているうちに、寝息に変わる。
あー。よかった、生きている。という変な心配をしてしまう寝方をするようになりました。

怒ったふりや、寝たふり泣いたふりをするようになる。

突然不機嫌そうに、まぶたを閉じてそのまま背中をむけ、両手で目を隠し
動かなくなります。

これが、超かわいい。
ゆのに叩かれて悔し泣きをしている時は、両手で目を隠しながら、ママー!ママー!と叫びながら移動して母ちゃんを探します。
が、両目を手で隠しているので、いろんな障害物にぶつかり、そっと下から盗み見てコーナーを曲がったりしています。

だったら、手を離せばいいのに・・。
もー!なまらかわいいー。

7/25
トモルの食事時。
イライラしっぱなしで、あー!もうイライラするなー!と口走ってしまったら、トモルが
ふと顔を上げて、母ちゃんを見つめて「めんねー」と謝ってきた。

切なかった。
ハっ!としたよ。こちらこそゴメンねと謝りました。

7/27
朝から洗濯物の物干し台を鉄棒代わりにして、二人が遊んでいました。
なので、何度も何度も「折れるから止めて」と注意していた。
いや、本当何度も何度もなのよ。

が、しかし注意すればするほど面白がってぶら下がる二人。
この時点で結構キー!となってはいたのです。

そして、いろいろと用意が整って、さぁ!お出かけするわよ!と言いながら、くるっと振り向いたまさにその時。
トモルが物干し台にぶらさがっていて、あ!と思った瞬間に、バキバキという音を立てて
鉄パイブが見事に折れ、洗濯物が全て落ちてきた。


堪忍袋の緒がきれたね。
その場で泣き崩れたもね。

すると、ゆのが「ママ大丈夫かい?ゆのがだっこしてあげるよ。ヨシヨシ」と言ってムギュっとしてくれました。どうやら、これは、ヤバイと思ったらしい。

そして、「大丈夫。ゆのが治してあげる。」と言いながらその鉄パイプを一生懸命持ち上げようとしたり、洗濯物をかき集めたりしながら、「これ、治そう?テープで治せるよ」と言うのです。

「コレはテープじゃ治らないよ」と話していると、スタコラさっさと、戸棚からセロハンテープを
持って来て母ちゃんに差し出すトモルっちょ。

・・・・いや、だからコレはセロハンテープでは・・・

それでも気持ちが上がらす、まだ頭を抱えていると、後ろでゆのが「ママかわいそうでしょ。とも、謝りなよ。」と言っている。

そして、トモルがやってきて「めんねー」と。

い、いいよ。大丈夫だよ。(大丈夫じゃないけど)

その後もなんだかずっとイライラしっぱなしで、ママもうダメだー!嫌だよー!
ゆのー。抱っこさせてー。むぎゅっとしてー!と言っていると
トモルがトコトコやってきて、座っていた母ちゃんの頭を抱えるように抱っこしてくれた。

しばらくして頭を離した後に、そーっと母ちゃんの頭をヨシヨシしてくれました。

と、トモルー!
こんな事もしてくれるようになったのー?
なんだか、ジーンと感動しちゃったよ。
いや、君のせいで、イライラしていたんだけどもね。ん、まあいいかと。


そしてその晩の事。
ママどうしてこんなにイライラするんだろう。ダメだよね。どうしてイライラしちゃったのかなーと話すと、「悪かった」とゆのが言うのです。「え?だれが?」と聞くと、「ゆのが」と答える。

なんだかキュンとしてねー。

「ゆのは全然悪くないよ。ママがイライラしすぎなんだよ。ごめんね」と言うと「うふー!」と嬉しそうに身をよじっていました。
かーわいい!

7/28

またしても、ゆのの訳のわからん要求に、怒りマックスだった日。
泣き喚いて風呂からでてこないゆのに、「おいでーおいでー」と手招きしながら横からトモルが顔をだしてゆのを呼んでいた。
おいでーおいでーとか、超かわいいんだけど。トモルっちょ。

更に、その後も泣き続けるゆのに、トコトコと歩みより、頭をヨシヨシと撫でてあげていた。
兄弟愛を感じた夜でした。

その後泣き続けるゆのを抱き寄せて、なんとか寝かしつけに突入。

その時。「ママ、またゆののこと怒りすぎたよねー。ごめんねー」と話、「ママの事許してくれるー?ママの事好きー?」と聞くと、恥ずかしそうに、うふふーと笑って「もちろーん」と元気に答えてくれた。

もちろんて。
いつ、そんな返しを覚えたんだろう・・。

と、まあ7月中は、私てば病んでるの?てほどに、毎日イライラが凄くてですね。
結構落ちてました。

まー・・あれだわ。大変大変て思えば大変だし。
こんなもんよと思えば大丈夫だったりと。

自分の気持ちや考え方次第で、上がったり下がったりするもんです。
そして、いろんなもんを読み漁り、自分の気持ちの持って行き方が、なんとなーくわかってきたのでね。
最近は結構大丈夫になりました。

まあ。その辺の事もおいおい書いていこうかなと。

2009.07.29 Wednesday | - | - | -
スポンサーサイト
2010.04.16 Friday | - | - | -