無料.ホームページ ゆの2歳6ヶ月 ともる1歳2ヶ月 | ケンチキ

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.16 Friday | - | - | -
<< トモルっちょ。ググーンと成長 | main | 雪祭りと、買い物欲 >>
ゆの2歳6ヶ月 ともる1歳2ヶ月
hutari16  hutari17

1枚目: 風呂上りの二人。テレビをみていた二人の並んだお尻が超可愛かったのに、
シャッターが切れた瞬間トモルは振り返ってしまった。
これはこれで、サービスショット。

2枚目: 本気でともるのオムツ替えをするゆのさん。
初めは逃げ惑っていたトモルっちょも、ゆのの執拗な追い込みに
半笑いで言いなり状態。

オムツの下に手を入れて、丁寧におちんちんを拭いてあげ、そしてオムツを剥ぎ取り
うちわであおいで乾かしてあげてました。


さて、ゆのも遂に2歳を折り返し2歳半になりました。
はやいのぉー。

て、事で最近のゆのさん。

夜の寝かしつけの時の事。
一緒に添い寝していると、自分がかけていた毛布を持って「ママもかけてあげる」
といいながら、母ちゃんに丁寧に毛布をかけてくれた。

そして、私の肩が少しはみ出ていたのに気づくと、「ちゃんとかけな」と言って
毛布をかけなおしてくれたの。

もぉー!
本当に優しいんだからー!泣いちゃうー!

そして、「お化けくるよ。早く寝な」と言われた。
いやいやいや。おまえが早く寝れ。

とは、ちょっと思ったが、素直に「ハイ」とお返事。
でもその後に「お化け来たら助けてあげる。守ってあげるからね。」と言われた。

・・ありがとう。頼もしいゆのさん。

最近の遊び。
ジャスコに行くおばあちゃんごっこ。

リュックを背負い、マフラーをして手袋をして財布を持って携帯を持って
ハーモニカや、おしゃぶり・おままごとのトマトやスイカを少し持って
ジャンバーをはおり、最後に帽子をかぶって、おもちゃのベビーカーを押しながら
「おばあちゃん、お出かけするわ。ジャスコにいってくるからー!」

と元気に旅立つ。

お、おばあちゃん?なぜ?

と、思いつつも、「おばあちゃん。いってらっしゃい」と見送ると、グルグルと部屋中を徘徊するゆのさん。

そして、母ちゃんの目の前に来て帽子をはぎとり、「おばあちゃんじゃないよ。
ゆっちゃんでしたー!」という。

ええ。最初からおばあちゃんではないと思っていました。

ゆのの中では、帽子をかぶるとおばちゃんに変身するようです。
なぜ?


最近は本当にトモルっちょとよく遊んでいる。
楽になったなーと、思う毎日なのです。

ある日は 二人で奥の寝室にこもり、トモルがおもちゃを手当たり次第にポイポイ投
げるのを、ゆのが必死に集めながら「 おもちゃなげないでよ。おもちゃが泣いてるし
ょ?」と言っていた。

そして「おもちゃは、大事に使わないとダメなんだよー」と言いながら次々
投げられるおもちゃを広い集めていました。

かわいい・・・。

ちっこい母ちゃんみたいだ。


そしてある日は 、二人で向かい合い、ゆのがおままごとのスプーンでなにやら
トモルに食べさせていた。

「大丈夫?熱いよ。ちょっと待ってね。」と言いながら、フーフーと冷ましてあげ
トモルっちょの口に運ぶ。

トモルも嬉しそうに口をあけて待っている。という、介護ごっこ。

まー。本当に最近は二人でキャッキャキャッと遊んでいます。

だいたいが、ゆのが家来のようにトモルっちょを従え「ともちゃん行くよ!」
といって、連れて回っている。

が、自由人トモルっちょは、一人でまたフラフラとどこかへ行く事も多く
後からゆのが走ってきて「ともちゃん待って。どこにも行かないで!」と
言いながら追いかけてきます。

なんぼ好きなのよ。


ここ数ヶ月で思うのですが。
ゆのさん、我慢てのができるようになった。

先日の事
ジャスコで 展示してあった三輪車にまたがり至極ご機嫌だったゆのさん。
だけど、もう別の売り場に行こうという時だったので、もう降りてあっちに行こう
と言うと、ごね始めた。

「まだ降りない。乗るの!」と断固として動かない。

無理やりベルトを外そうとしても、手を振り払い自分でガッチリベルトを押さえ
絶対に降りないと言い張ってた。


あー・・どうすべ。これ、無理やり降ろしたら絶対ギャン泣きの大暴れだ・・。
と思っていたのですが。

とにかくここは説得を!と思い、「これはお店のものだから乗って行く事もできないし
パパとママはもう違うところに行きたいんだよ。」と何度も説明すると、ゆっくりと
ベルトを自らはなして、降りた。

顔を見ると、もう泣く寸前の顔で、目を真っ赤にして口をきゅっと結んで泣くのを
我慢していた。


もーねー。その顔がまたかわいくてねー。
たまらんかったわ。キュンとしたわ。

春になったら、絶対三輪車買っちゃる!と父と母は思っちゃうのでした。
だって、本当に切なかったんだもの。

とこんなふうに、嫌だと言っていた事もちゃんと説明したりすると、納得した
り、我慢したり、しぶしぶだけど言うことを聞いてくれたりができるようになっ
た。

コレってすげー成長!
前までは 嫌だといったら嫌だの一点ばりでどうにも収拾がつかず暴れるところを
無理矢理どうにかするかしかなかったのにな。

3ヶ月位前からかなー?変わってきたのは。
本当にじんわりと成長するもんなんだね。
2歳児って面白いわー。


食べものも、嫌いなものは絶対食べなかったのに、これは食べて!というものは
しぶしぶだけど口にするようになったり。

「これ、ママ好きだわー」 といって食べてると「食べてみようかなー」と呟いてチャレンジしてみたり。

これをやってからこうしようね。ということが理解できるようにもなってきた。
前はそういう時系列的なものも全く理解してなかったっぽいのに。。

そして先日は。
前日に買ってきた4こ綴りのお菓子を食べたいと言い出しだ。
まだ朝ごはん前なのに。

なので「あれは、ないよ。」と言うと 「食べたい!食べたい!」と泣き出した。

面倒なので「ママ。食べちゃったの。ごめんね。」というと、キッチンに走っていって 、キッチンの奥の方に隠しておいたお菓子をジャンプしながら見つけて
「あるしょー!ママ持ってるしょー!」と泣きながら言われた。

うわー・・すげー。そんな事もわかるのか・・と思ったのです。
だって、ついこの間までは、ないよ。と言われたら、無いんだなと
泣きながらでも納得してたのになー。

もう・・。知恵がついてすごい。ごまかしが全く利かなくなってきた。


そして、先日もう一つ胸キュンな出来事が。
ジャスコの有料遊具施設で遊んでいたときの事。

ゆのがボールを入れて遊ぶおもちゃで遊んでいたら、知らない子がわざわざ
ボールを探してきてゆのに、はい。っと手渡してくれたのです。

優しい子だなー。と見ていて、戻ってきたゆのに「あの子に、ありがとうて言ったの?」と、聞くと「はっ!」と思ったらしく、急いでその子を探しに行きました。

でも、なかなかその子が見当たらないらしく、しばしあちこちと探し歩いてたゆのさん。

そして、ようやくその子を見つけたものの、その子もちょこまかと動き周り一秒もじっと
してない子こでして、ひたすらその子の後を追っかける事、数分。

やっとその子が遊具で遊んでる所に行き、ボールを見せて耳元でありがとうと言えたらしく、嬉しそうに戻ってきた。

なんかもう母ちゃん感動しちゃってねー。

こんなふうに知らない子にもありがとうと言いにいけるようになったのかと
涙目になったよ。

大きくなったんだね。

と、最近いつも思うよ。
つい先日までは赤ちゃんだったのに・・・。


そして、トモルっちょ編。

こちらもムキムキ成長中。

トモルの手は、恐ろしく分厚い。そして、指が短い。なまらごつい。
先日初めて、手のひらを開いてまじまじと見てみたのです。

そーしたら!生命線がめちゃめちゃ長い!
おい。いつまで生きるんだよ。ていうほど長かった。母ちゃんびびった。

最近のトモルっちょは、本当にしゃべっているんじゃないかって程に
いろんな意思を伝えてくる。
態度で。表情で。

ゆのの時ってこんなんだったけ?てほどなのです。

先日の事。
ゆのが、テレビで流れる歌にあわせて踊っていると、手袋の歌が流れた。

その歌が流れると、ゆのは必ずテレビの女の子と同じように、自分も手袋をして
踊りたいというのです。

なので、「早く!急げ!」とゆのに言われると、ダッシュで手袋をとりにいってゆのさんに渡すのです。
そして、ご機嫌に踊るゆのさんを見て一安心と思い、また茶碗を洗いに行こうとすると
トモルっちょが、足を踏み鳴らし、「あー!あー!ママー!」とお怒り気味に
母ちゃんを呼んでいる?

え?何事?と思ってトモルっちょを見ると、トモルの手袋が入ってる引き出しを
指差して、両手をあげている。

手袋ですか・・・。
君も手袋をしたいのですね。

またもや、母ちゃんダッシュで手袋を出して、急いでトモルにしてあげた。
すると、トモルっちょ、えへへーと超喜んで、ゆのと二人並んでテレビの前で
踊り狂ってました。

なんかもう、すげー。
トモルっちょがこんな風に自分も同じ事したい!なんて思ってそれを
伝えてくるのって、すっごいなーと、単純に感心しちゃった。

とにかく、ゆのがやっている事は何でも真似したいらしいのです。

ゆのが、首からポシェットをぶらさげてたら、自分もぶらさげ
リュックを背負ってたら、自分も背負い、ぬいぐるみを持っていたら自分も
持ちたい!という感じで。

気づいたら二人全く同じ格好して歩いてたりするのが、可笑しい。


先日も。
キッチンでご飯を作っていたら、ママーとかあー!とかうー!みたいな声を
張り上げているので、フと顔をあげると、トモルが母ちゃんを見ていて
そして、指をクイクイと折り曲げておいでおいでをするのです。

おお!おいでおいでされてる!と思い、ニヤニヤしながら「なしたー?」と
行ってみると、棚と棚の隙間を指さしている。

そこには、ウチワが収納されているのです。
よくわかってんなー。と思いながらウチワを取り出してあげると、嬉しそうに
「あー!」と声を張り上げ、あおいでた。

数分前に、ゆのと母ちゃんと二人でウチワをあおいで遊んでて、終わった後に
そこにしまったのを、見ていたらしい。

いやー。すぎょいね。トモルっちょてば。


このあいだは、ゆののお気に入りのリュックを勝手に首からぶら下げて
フラフラ歩いている所をゆのにみつかり、ゆのが泣きじゃくって旦那さんに
言いに言ったのです。

あれは、ゆっちゃんのだ!と。

なので、旦那さんも「ともちゃん。コレはゆっちゃんのだからいいかい?返してね」
と、言いながらトモルの首からリュックを外そうとすると今度はトモルが号泣。

ウエーンと、それはそれは悲しそうに泣き出した。
こんな反応もゆのの時は1歳半過ぎてからじゃなかったろうか?

自分が持っているものを取られても、きょとんとしている事の方が多かった
気がするもの。
いや。本当二人目ってのは、情緒面は相当成長が早いもんなんだね。

最近はプルトイも上手に引っ張って遊べるようになったし。
プルトイとは、こういうの。

1歳〜2歳の子らが、結構夢中になって引っ張って遊ぶおもちゃです。
児童館とか行くと、プルトイの取り合いとかしてるも。

これを、トモルが嬉しそうに引っ張って家中を歩き回っている姿が、相当かわいい。

最近は、ジャスコで歩かせているのだけど、ゆのとは違い、相当自由人なので
どんどん一人でどっかに行ってしまう。

名前を呼んでも絶対戻ってこないし、手も繋いでくれない。
だけど、「ゆのが呼んでるよー!」と声をかけると、一目散に戻ってくる。

なんぼ好きよていう。


おやつだよー!と言ってヤクルトを冷蔵庫から出すと、急いで走ってきて
ソファーに駆け上り、ちょこんと座って待っている。
たまらんわー。ちょこんて、座ってるでー!てなるもの。

最近のコスモス(幼児サークル)での事。
いつも、2歳クラスの子たちは、名前を呼ばれると、前に出て行って
先生が持っているタンバリンにパン!としてくるというのをやっているのですが。

先生が気をつかってくれ、トモルっちょの名前も呼んでくれたのです。

すると、全員が見守る中、フラフラと前に出て行きタンバリンにパン!と
して、そして母ちゃんの元に笑顔で戻ってきたのです。

もう周りからは大歓声でして。
すごいすごいと。
いやー。母ちゃんもびっくり。
いつも、連れて行ってるので、上の子達がやっているのをよく見ているんだね。

そして、手歌遊びで「とんとんとんとん アンパンマン とんとんとん 食パンマン」
ていうのがあるんだけども。

それも上手に手をトントン重ね、アンパンマンの所で両手を頬に当てたりするのが
出来ていまして、先生にも「えーーー!?とも君できるのー?」と驚かれていた。

そうなの。できるの。
寝る前とかしつこい位に自分で歌いながらやっているのです。
真っ暗闇の中。トモルっちょの歌声が響き渡り、ゆのに「ともちゃんうるさい!」
と言われているのです。


先日。
旦那さんにゆのと、トモルっちょを預けて、超久しぶりに美容室に行ってきました。

夕飯の買い物を済ませ、一人きりの時間も過ごせてかなりウキウキで帰宅。
すると、ゆのもトモルっちょも嬉しそうに遊んでまして。
旦那さんは眠たかったらしく、ソファでウトウトしていました。

部屋は散らかっていたけど、まー、こんなもんかと思い、買い物した袋を
キッチンにおいて、とりあえずトイレへ。

そして2分後に戻ると、惨劇。

買い物袋から、ねぎやら、パンやら、肉やらが飛び出し部屋中に落ちている。
しかも、パックから肉が飛び出して、床に落ちてるしー!
それをトモルが指でつまんでるしー!

キャー!となって、ちょっとー!といいながら、肉をパックに戻した。
なんかもうね、そこで結構パニクッてて、部屋はぐちゃぐちゃだし、ゆのとトモル
は、「止めて」といっても、袋から次々に食品を出してはどっかに持っていちゃうし。

旦那さんは、知らん顔して寝ているし。

半泣きで、旦那さんの所に走っていって「ちょっとー。助けてよ!」と
あーだこーだと文句を言ってる母ちゃんと、文句を言われて困り顔の父ちゃんの前を
ネギを片手に持ち、床に叩きつけながら練り歩くゆのと、小揚げをブンブン振り回していくとトモルっちょが通り過ぎて行った・・・・。



旦那と二人で顔を見合わせて大爆笑してしまった。

いや。本当賑やかだね。1歳児と2歳児がいる家ってさ。
2009.02.04 Wednesday | - | - | -
スポンサーサイト
2010.04.16 Friday | - | - | -