無料.ホームページ 歩き始めたトモルっちょと、変化するゆの | ケンチキ

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.16 Friday | - | - | -
<< ともる 祝1歳 | main | 穴の中には誰がいる >>
歩き始めたトモルっちょと、変化するゆの
12月8日。
トモルっちょ、突然の6歩ー!

そして、12月13日。
どこにもつかまらずに、一人で立てたー!
そして、そのまま歩いたよー。

いきなり歩数が伸びてびっくりだなぁ。

いや、本当はね。
まだまだ歩かなくてもいーなー。冬だし。何かとほら、いろいろ大変になると思うし。

なんて思っていたけど、こうやって少しづつ歩数が伸びて、嬉しそうに両手をあげて
満面の笑みで、母ちゃんの胸に飛び込んでくる姿をみると、「まー!かわいー!」
と手放しに喜んじゃうわ。

やっぱり我が子の成長は、嬉しいもんだよね。

2歩歩いて立ち止まり、さらに歩くという感じで結構安定して歩きはじめ
以前のように、倒れこみながらタタッと足がでちゃった!という感じではないのです。

オイッチニー!オイッチニー!と歩く姿はたまりません。

こんな感じだよ。

tomo73

tomo74

どうでしょ。この両手をあげてバランスをとる格好。
もう被写体はブーレブレですぜ。
いやー。かわいい。ブレててもなお、かわいい。

トモルが二足歩行になる進化の時期だもん。貴重だよねー。

て、事で最近のトモルっちょ。

最近のトモルは、ゆのに叩かれると、叩き返す事もするようになりました。
さらに、叩かれそうになると、逃げようとする事もあり。
が、結局ばっこり叩かれていますが。


そして、「おえかきせんせい」でお絵かきもできちゃう。
ちゃんとペンを右手に持ちぐちゃぐちゃと書きなぐる。
反対側を下にして、書けなかったら、きちんと逆さに持ち直して書く。

さらには、横に○や三角のスタンプもはめ込み式で付属してあるのですが
そのスタンプも、もとあった場所にきちんと収める事ができるのー。

こんな感じです。

tomo75  sutnnpu


これ、ちょっと感心しちゃったよ。
ゆのは確か1歳ちょうどの時は、まだ書いたりしなかったはず。

しかもトモルには誰も教えてないのに・・。
ええ。教えていない事だらけなんだけども。
さすが、2番目。

ゆのがやっている事を見て、覚えていくようです。
すごいねー。勝手に成長中です。

コップを重ねて遊ぶ事も、できるしね。手先が器用になってきているんだろうな。

そして、最近いろんな記事を見て気づいたのだけど。
そういや、トモルにはほとんど全く手づかみ食べをさせていないことに気づいた。

手づかみでご飯を食べさせることって結構重要なのよ。
大脳の働きをよくしたり、将来の砂場遊びに影響したりとか。
確かいろいろあるのよね。

なので最近あわてて手づかみさせてみた。

初めての手づかみ。おやつの焼き芋。
わやだった。

もうぐっちゃぐちゃですわ。
ぐっちゃぐちゃに握りつぶして、床にポイポイポイと。

いやいやいやいや。食えや。
ぐちゃぐちゃでも、それは食べなさいと。

さらにあげてみると、横でめーっちゃ欲しそうにお座りして待っている
犬に、「はい、どうぞ」と渡していました。

そして犬が自分の手からイモを食べた事が嬉しいらしく、ンフー!と満面の笑み
でわろうてた。

あーげーるーなーやー!

と、なかなか手づかみ食べはうまくいかない。


滑り台のジムも階段と滑るほうと両方から上れます。

が、滑りかたは、俯せになってズズーっと滑ってくる。
彼なりの法則で、高い所から下りる時は、後ろ向きになって足から下りるべし!
というのを実践しているらしい。

そうだった。滑り台の滑り方も教えてなかったものなー。と思っていると
なんと、ゆのさんが教えてあげてました。

hutari12

上でお座りしたトモルの足を持って。

hutari13

ズズーっと下まで引っ張ってあげるゆの。
トモルっちょ。尻で滑れて、超嬉しそうです。

ゆのったら、やっさしー!

が、大体二人が絡んで滑り台ジムで遊ぶとこうなります。

hutari14

正面衝突。事故発生です。

まあ。しょうがないわな。


ゆのさん編

最近のゆのさんは、とっても優しい。
まー。確かに叩いたりはしているのだけど、以前よりは格段にその回数は減った。
気がするのです。
むしろ、一緒に遊んで楽しいと思っている様子。

起きがけのトモルに駆け寄り「ともちゃーん。起きたのー。んふふふー」と
笑いかけ、「まー!可愛いことー」と言いながら抱きしめる。

なんだこの変貌ぶりは。

トモルにふざけて、髪をひっぱられたり、顔を叩かれても「やーだー。痛いよー」
と超優しくいいながら、ニヤニヤしています。

二人でゲラゲラ笑いながら向かい合い、トモルがゆのの足に噛み付いても「やめてよー。痛いよー」と、ここでもニヤニヤ笑って対応する。

なんだかちょっと微笑ましいじゃない。

公園で久々にあったA君の事も、帰り際は「ゆっちゃん、A君スキー!」といって
いたのに、家に帰ってくると「A君は好きくないの!ゆっちゃんは、ともちゃんが
好きなの!」と言う程のラブぶり。

どうしたんでしょう。

先日も。
窓辺に寄せてあるテーブルの上が、二人のお気に入りの場所なのですが。

そこに上って窓から外を眺めるトモルに寄り添い、背中に手をまわして
顔を覗き込みながら、「ともちゃんは、パパのブブーを探しているの?
パパはいないねー。会社に行っちゃったねー。いなかったねー。」と慰めていた。

車がなくて寂しいと、ともるが思っているかどうかは知らんが
ともるの気持ちを察してあげようとして、言葉をかけるその優しさに。

母ちゃんは感動だよ。

つか、背中に手をまわして顔を覗き込むしぐさが。
彼氏か。てほど。

親ってさ。
子供が赤ちゃんの時は、こうやって赤ちゃんの気持ちを代弁しながら言葉かけ
をするじゃない?

これ飲みたいの?とか、アレは○○だよーとかさ。
話せない赤ちゃんに向かって言葉をかけるでしょ。

そういう親の優しさや、愛情みたいなものがゆのにも芽生えているんだなーと
思うと、すごいなーと思うのよ。

トモルには、何かと忙しくそんなにかまってあげられない事が多いのだけど。
そのぶんをゆのが、たくさん愛をあげてくれているんだろうなーと。

そんな事を思う出来事でした。
てか、本当ゆのに感謝と、ともるにごめんなさいだなと。

そして最近のゆのさんは、変革の時を迎えているかのように
出来る事が増えてきた。

まず、お箸でご飯を食べる。
これ凄くない?
麺類(スパゲティ・うどん・ラーメン・焼きそば)は全てお箸。
今は、ご飯やおかずもほぼお箸を使用中。

これがまた上手につまんで食べるのです。
すげーっすよ。ゆのさん。

いやー成長したねー。おおきゅうなったんだねー。

まあ。お箸といっても、エジソンのお箸だけどね。

そしてお箸で、ヨーグルトもつまみます。

いや。つまめませんし。


それから、服の着脱ね。
これも、以前は短パン位しかはけなかった。
しかも、はいたはいいけど、尻が丸出しになっている事が多かったのです。

この頃は、まだ後ろに手を回して引っ張りあげる事ができなかった。

がー!
いまは、かぶりもんのパジャマ上下は一人で脱げるし着る事もできる。
前がチャックになっているパーカーも、上手に羽織って手を入れる。

特にやらせようとして、何か言った訳ではないのだけども、いつの間にかできてた。

すごいなー。

思ったのだけど、この2歳3ヶ月から4ヶ月にかけて。
ゆのにとっては変革の時だった気がするのです。
言葉もそうだけど、心の成長とか、身体能力とかそういうのをとても感じる
1ヶ月だった気がするよ。

最近は、母ちゃんの事を「ますみちゃん」と呼ぶ。
ふざけている時はよく「ますみちゃん!」と呼ばれ、返事をすると
「ますみちゃんはいくつ?」と聞かれます。

「さ、35です・・」

なんか、超照れるんですけども。

先日の事。
ゆのは、自分ひとりで遊ぶ事を好まない。
必ず私を道連れに遊ぶ。
まー。これが面倒と言えば面倒なのであるが。

隣の部屋のおもちゃ箱の前にいき「ママー!ともちゃーん。みんなおいでー
おもちゃで遊ぶよー」と言いながら指をクイクイっと折り曲げておいでおいでポーズ
をしていた。

あー・・。始まった・・。面倒だなーーと思って返事だけして動かないでいると
トモルが嬉しそうにゆのの所に駆け寄り、隣にちょこんと座った。

そしてさらにゆのが呼ぶ。「ママー!おいでーおいでー」と。
ふとみると、二人並んでおいでおいでをしている。

やーん。もう超かわいいー!
ゆのがおいでおいでをするならわかるのだけど、加えてトモルまで
腕を高らかにあげて、指を折り曲げておいでおいでしているのー!

いやー。これはもうやばいね。めちゃめちゃかわいかったものね。


昨日。ベッドの中で話をしているときに。
「ゆのは、ともちゃん好きなんだねー」と言うと「うん。ともちゃん好きー」
「じゃあ、パパは?」「パパ、好きー!ゆっちゃんパパ好きー」と。

「そっかーパパ好きか。パパ喜ぶね」と言うと

「ゆっちゃん・・。でも、ママ好き!」
ですって!
ママの方が好きなんですってよ。

てかね。驚いたのが「でも」を使ったこと。
接続詞も使えるのかー・・。知らんかった。なんかすごいよね。言葉の成長てさ。



結構前からお腹の中の事を聞いている。

聞くと、いつもニヤニヤし始め、それまでベラベラしゃべっていたのに
急に指しゃぶりをはじめニタニタするだけ。

そして、「ほらママ!見て。かわいいねー!」とテレビの話に話題を変える。

なんでしょう。時期が早すぎたのか?
と思って、しばらく聞いてなかった。

が、先日。ベッドの中で聞いてみた。
「ゆのー。ママのお腹の中どうだった?何してたの?」

ニヤニヤするゆのさん。

「ねえ。教えて。」


・・・・・・・・

答えない。寝たふりか。なぜ?なぜ何も言わぬ。
無言の時が流れ、そしてゆのさん一言。


「覚えてない」


えええええー!覚えてないのー?
まじっすか。覚えてないんすか。

いやー。軽くショックだったわ。
2008.12.13 Saturday | - | - | -
スポンサーサイト
2010.04.16 Friday | - | - | -