無料.ホームページ ちょっと早めにお祝いを。そして ゆの2歳4ヶ月 | ケンチキ

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.16 Friday | - | - | -
<< 大きくなったねえ。ふたりとも。 | main | ともる 祝1歳 >>
ちょっと早めにお祝いを。そして ゆの2歳4ヶ月
hutari11  hutari10

1枚目  これは、ゆのの中でただ今ブレイク中の遊び。お風呂ごっこ&電車ごっこ
2枚目  これもブレイク中の勝手にかくれんぼ。

おもちゃの箱2つを並べて一つは自分が、そしてもう一つにトモルを入れてくれ!
と母ちゃんにお願いするゆのさん。
そして、二人で箱に入ると、「ママご飯作ってー。アッチ行ってー!」と
強制的に晩御飯作りを命令されます。

二人きりになって心置きなく遊ぶらしい。
こっそり見に行くと、「気持ちいいー!ねー?ともちゃん気持ちがいいねー」
と言いながら、隣のトモルを撫でている。

そして、「ともちゃん、ほら!気持ちいいて言って!」と。

いや。それは無理です。しゃべれません。

どうやら、お風呂ごっこらしいですよ。
そして、今度は、無理やりトモルっちょの箱に入りだす。
そして後ろから抱きしめる。

すると、トモルギャーギャー泣き出した。
背中に乗られて重いらしい。

ゆのさん、すかさず「あー。ごめんごめん。泣かないの。ゴメンね。大丈夫かい?」と。

いやいやいやいや。超重いらしいですよ。
そして、二人重なったまま箱ごとひっくりかえり、なおもトモルっちょ号泣。

ていう遊びが、ゆのさん楽しいらしいです。

そして、2枚目写真 勝手にかくれんぼ。
特にかくれんぼしているわけではないのですが、「ともちゃん!かくれんぼしよー!」
と誘い、AVボードに上がりテレビの脇に行く。

すると、トモルも「あいよ!」的にちゃんと、反対側に上ってスタンバイ。
そして、テレビを境に、顔を出して目が合えばキャキャキャー!と二人で喜び
反対側から顔を出して目が合えばキャキャー!と喜ぶ。

ていう地味な遊びです。

でも、すげーかわいいのー。
二人がこうやって絡んで遊ぶ姿ってのは、本当にかわいくて目を細めてしまうよ。
年子を産んでよかったなーと思う瞬間なのです。



さて、タイトルのお祝いですが。
11月30日の日曜日。
ちょっと早めのトモルの1歳誕生日を執り行いました。

両家のじじばば、私の兄嫁と、その子供二人の、総勢大人7人と子供4人。
この狭い我が家に集結。

旦那さんのじじばばが、フレンチのケータリングを頼んでくれまして、またしても
盛大にお祝いしたのです。
以前も頼んだこちらです。
今回はゆのも別お膳で、キッズメニューを頼んでくれてまして、なんとも豪華な晩御飯でした。

いやー。おいしかったです。
トモルっちょは鯛のアクアパッツァを少しだけ食べたのみ。後は離乳食。
後は大人たちガツっと頂きました。

1歳恒例の「一升餅を背負って歩く」てのも全員が見守る中やりました。
が、トモルっちょ一歩も歩けず。一応、伝い歩きだけを披露していました。

だけどあんな重い餅を背負わされても、終始ヘラヘラと笑顔でして
じじばばが、デレデレしながら「ともちゃーん。ご機嫌ですねー!」と声援を
送っていました。

相変わらずの天使笑顔です。
かわゆい!たまらん!

そして、1歳の誕生日ケーキはこちらのライオンケーキ。

ケーキを前にして、誕生日の王冠をして、写真を!という母ちゃんの願い
は崩れ去りました。
トモルが動きまくり、ゆのと従兄弟がろうそくの火を消すバトルをはじめ
わやわやな状態でして。

写真なんてこれですわ。

tomo70

なんだこの惨劇は。
ブレブレじゃないか。そして誰だその手。

兄嫁から、「まあ1歳の誕生日なんてまともに出来ないさ。こんなもんよ」と
慰められました。

それにしても、もうちょっと、まともな・・・写真を・・・。

が、しかし。
待って!もうっちょ撮らせて!という母ちゃんの願いも虚しく、周りは既に
着席し、ケーキを切っておりました。


そしてその後は楽しく談笑しておりますと、なにやら隣の部屋でわめき声が。
おお?と見てみると、なんとゆのと、従兄弟の男の子3歳がおもちゃの取り合いで
喧嘩しているのです。

ゆのが「やーだー!やーだー!」と騒いでいる。

す、凄い!ゆのが声を出して、引っ張りあいしてるーーー!
いや、ちょっとマジでびっくりしました。

ゆのは、児童館やサークルに行っても、こういうおもちゃの取り合いをした事が
ないのです。
自分が使ってたおもちゃを横取りされても、困った顔をして母ちゃんを見上げる
だけで、取られたおもちゃをじーっと見てるだけ。

声に出して嫌だと言った事も一度もないのです。
こんな感情をあらわにして声を発するのはトモルっちょただ一人。

それが従兄弟相手に一歩も譲らずの引っ張りあい。
従兄弟つっても、半年に一度会うか会わないか位だから、初対面みたいなもんなのに。

あれか。やっぱり自分の家というホームだったのもあるのだろうか。

そして、やーだーやーだー!と引っ張った挙句、勝利したのはなんとゆの。
従兄弟の男の子は、はずみで後ろに吹っ飛んだ!そして、号泣!

ゆのさん勝っちゃったー。
いやー。すごいね。
わが子の気の強さを垣間見た瞬間でしたね。

母ちゃん似だな。

そして、これにはもう一つの物語が。

私は見ていなかったのですが、ばあばが言うには、そのおもちゃの取り合いが
始まった時、横でボーっと見ていたとトモルっちょが、従兄弟に向かって
突進し、叩きに行ったそうな。

なんとゆのさんの加勢をしたらしいのです。

美しき兄弟愛。

つか、二人とも気が強いのは母譲りって事か。

2008.12.01 Monday | - | - | -
スポンサーサイト
2010.04.16 Friday | - | - | -